好奇心がとっちらかってる

【5月23日のお話】
ニートに次ぐ私の代名詞、『好奇心がとっちらかってる』話です(笑)

昨日のお休みの朝は散歩じゃなくて自転車で出かけてきました。
朝6時半頃家を出て、寄り道しながら9時に帰宅。
総距離約20km。電動アシスト自転車だけどいい運動でしたw

田舎道を走りながら次第に車通りの多い道へ出ます。
6時半の田舎道は車がちょこちょこ走る程度で本当に静か。
始まりたての日常でした。

それから車通りの多い道へ行くと、もう慌ただしい日常の中でした。
静けさから慌ただしさへシフトしていく感じが何とも言えない不思議な感じで、時間の移ろいを感じながら漕ぎました。

『そうか、まだ朝の7時くらいなんだっけ』
とか時折思いつつ。
思い出したら思い出したで、朝の空気を楽しみつつ。

周りの人は慌ただしく走り去っていく中、楽しみながら自転車漕いでることにちょっと優越感を感じつつ(笑)

早朝の田舎道がとにかく気持ちよかったです。
普段あまりゆっくり見ない景色なんかも見れたりして、
『あぁ、ここからこんな景色を見ることが出来てたんだなぁ』
なんて新しい発見があったり、鳥のさえずりや緑の香りを感じたり。

6時半頃はバイト行くために自転車漕いでますが、道が違うと印象も全然違いました。
楽しすぎて独り言結構言っちゃってた(笑)
鼻歌なんかも歌ってたかもしれませんw

このままどこかお店に入って朝ごはん出来たら最高だろうなぁって何度も思って何度も誘惑されかけましたw
『いやいや、朝ごはん食べたでしょw』
って都度ストップかけましたけど、本当に今度は朝ごはん食べにどこか寄りたいなぁ。

たまにはいいね♪

最近好奇心のとっ散らかり具合が半端じゃありませんw
自粛の影響が出てるのかなぁ。
もともと興味の深度がめっちゃくちゃ浅いですから余計かも(笑)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です