変化は恐れなくていい

『残業は多いけど・・・体の方は問題ないし、まだ耐えられる』
『人間関係のストレスはあるけど、やめるとなると面倒くさいし。まだいいか。』
『結婚したいけどまだいい相手に出会えてないし。出会えたらするけどね!』

確かに変化には山なり壁なりがつきものです。
今までの『安定』のままでいれば遭遇しないものでしょう。

でも変化を望んだ自分の声に、素直に耳を傾けてみませんか?
言い訳して納得させてその先の【可能性】を自ら閉ざしてしまっていいのでしょうか?

新しい環境になじめないかも?
新しい環境は楽しいかもしれません。

自分に向いてなかったらどうしよう?
むしろ天職かもしれません。

収入が下がってしまうけどどうしよう?
一時的なものかもしれません。
あなたの行動次第でどうにだってできます。

思い描いてた生活じゃないかもしれない。苦労ばかりになるかも?
思い描いた生活を送れるかどうかはあなたの手にかかってます。
思い描いた生活はあなたの手の中です。

金銭面の不安が一番大きいと思います。
確かに【リスク】ではありますね。
お金が無くては生きていくこともできませんから。

しかし全財産投げうつような状況はそうそうないと思います。
期間を設けて挑んだり、家計を見直して節約したり。
収入が減ったら減ったでなんとかなります。
・・・というか何とかするしかないから何とかなるんです。
半強制的ではありますがw

今回のコロナのように、本当にどうしようもない状況も無くはないです。
でもそれは100%来るものじゃない。

『心配事の9割は起こらない』って言うじゃないですか。
本も出てたかな。
私は本当にそう思います。

望んだ変化に向かう道は先述のとおり、山も壁もあります。
道も険しいし成功する保証もない。

ただいくらでもやり直せる。
自分の挑戦できる限界をちゃんと把握し、理解し。
その限界を悪い意味で突破しないよう設定しつつ挑戦していけば、いくらでもやり直すことは可能です。

やり直したからと言って、その挑戦が無駄になることも絶対ありません。
そこで得た経験値はすべて自分に返ってくる。
挑戦した人はかならず成長できる。

変わりたいなら変わればいい。
自分が求め、望んでいるものだから、それに素直に従うだけでいい。

眠い時は寝ます。
お腹が空いたら食べます。
そのくらいの感覚で行きましょう。
変わりたいなら変わればいい。変えればいい。
自分の心に従えば自然と変わるので、力む必要もないし怖がる必要もない。

むしろリラックスして臨んだ方が良いと思います。
心を開放するのにはリラックスするのが一番です。
自然体でいることが、【自分】でいることが一番大切です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です