『出来ない』を分析してみた。

これはちょっと最近繰り返しちゃってますが、意志力を温存させる技術を手に入れるために、今は家事の習慣化することに取り組んでいます。

意志力を消耗しない→いちいち葛藤したり判断したりしないようにする。

葛藤したり判断したりって本当に疲れます。
習慣化がうまくいってなかったり、食欲に支配されていたことは
『やろうかなぁ。どうしようかなぁ。めんどくさいなぁ』
『食べたいなぁ。買っちゃおうかなぁ。どうしようかなぁ。』
といちいち悩み、それを制止しようとする自分の良心と、静かな争いが勃発するからです。

最近自粛期間中というのもあって、日々ある程度決められた生活リズムで動けているため、家事の取り掛かりに葛藤しなくなりました。
月曜断食のシステムのおかげで、食欲もセーブできました。

おかげで以前よりは意志力の浪費は減らせてます。
だから気持ちにも余裕が出来て、また前向きにアンテナ張れるようになってきたのかなぁと。

ただ、今の生活リズムはいつまでも続きません。
多分本当に今だけ。

今だけだから、その『今』を最大限利用して、今のうちにしっかり身につけさせる。
外出したり、イレギュラーが発生したり。
それによって時間にズレが生じたとしても、自然と動けるようにする。

しっかり身につけられれば、どんな状況でも臨機応変に対応できるようになる。
そしてそれは、無駄に疲れない自分づくりにもつながっている。
無駄に疲れないのだから余力がある状態で居られる。

『ここぞ!』というときに力を発揮できるようになる。
『ここぞ!』の判断を見誤らなくなる。嗅覚が鋭くなる。

うーん、身につけられた時に得られるであろう効果がめちゃくちゃすごいです・・・!
Aの職場でもこれを意識してやっていたら、きっと少しは違ったでしょうね。

もうひたすら
『嫌だ、やりたくない、めんどくさい。』
『仕事だもの。担当だもの。やらなきゃいけないし、やらなきゃいつまでも終わらないよ』
の繰り返しでしたから。。。

結果ふんばれず、年末に退職してニートやってるんですがw
その他にも退職した理由は何個かありましたけどね。

たかが家事の習慣化。
でもされど家事の習慣化。
日常生活を侮ってはいけません。
すべてのヒントは日常生活に隠れているのです。

家事の習慣化について、今後発生するであろうイレギュラーな状況でもちゃんとやれるだろうか・・・と若干ビビってはいますが、現時点でちゃんと継続出来ていることが最重要!

継続出来てるという実績が自信になるし、その実績がまた継続する力になる。
継続して習慣化さえ出来てしまえば、なにより後が楽です。

余計なことは気にせず、今集中したいことに禅宗中出来る癖を!
意志力の温存、物事の習慣化は楽になるための・自由になるための努力の内の1個です。

本業で手いっぱいの方、帰ってからや休日に無気力になってしまう方。
仕事に限らず勉強・育児・家事、なんでもいいのでとにかく疲れて他に手が回らない方。

出来ないのはご自身のせいではありません。
『自分はダメだなぁ』なんて思わなくって全然大丈夫です!
単純にそのやり方が合わないだけなのですから。

意志力を浪費してませんか?
何に対して葛藤します?何に対して嫌だなぁと思います?

何も考えずに動けるシステムづくりに是非チャレンジしてみてください。

しんどいときはいっそ手放すのもありですよ♪
挑戦するか、手放すか。取捨選択のきっかけになればうれしいです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です